早漏とは、射精時間が極端に短いことを言います。特にパートナーの女性は気にするケースが多く、男性にとってはトラウマになる方もいます。早漏でお悩みの方は当サイトをみて改善法を見つけましょう。

カプセル
  • ホーム
  • 早漏治療薬は個人輸入できる物である

早漏治療薬は個人輸入できる物である

笑っているカップル

早漏の改善方法の一つは、治療薬を利用する方法です。
実際に泌尿器科やメンズクリニックなどでも扱いがある場合もあるので、国内での処方は可能です。
ただ全ての病院で扱っているわけではないので、地域によってはなかなか簡単には入手できない事もあります。
さらにこの治療薬自体は自費診療となる為に健康保険が適用されず全額負担となります。
その為、薬価も大体1錠あたり3000円以上になる事もあるので、何度も利用する事を考えると経済的な負担も気になる所でしょう。

ただ、早漏の治療薬は病院で処方してもらうしか入手方法が無いかと言ったら決してそうではなく、それ以外にモテに入れる方法があります。
それが海外医薬品の個人輸入です。
海外では日本国内とは違って手軽に入手できる場所もあります。
勿論ジェネリックも販売されているので、有効成分は同じなのに先発医薬品に比べるとはるかに安い価格で手に入れる事も不可能ではありません。
さらに海外医薬品の場合は早漏予防薬にED治療薬を配合した物等も販売されているので、自分の目的に合っている物を手に入れる事が出来ます。

勿論病院で処方してもらう時とは違うので処方箋も必要なく、自分の都合で購入する事が可能です。
また個人輸入は輸入代行業者を利用すれば、国内で通販を利用する時と同じ様な感じで手に入れる事が可能です。
勿論早漏自体はとてもデリケートな問題なので、注文した薬が何かというのを外側から見て分からないようにしておいてもらいたいと思う人もいるでしょう。
輸入代行業者を利用する場合はその点への配慮もあり、中身が何かわからない様にしておくって貰う事が出来ます。
従って、自宅に商品を届けてもらったとしても中身が何か家族に知られてしまうと言う心配もまず有りません。

関連記事
  • 心配している男性
    早漏の治療薬の種類と安全性 早漏の治療薬には、2つの種類が存在します。 1つめの種類ですが、それはダポキセチンが配合された一般的... 2018年09月22日
サイト内検索
最近の投稿
アーカイブ