早漏とは、射精時間が極端に短いことを言います。特にパートナーの女性は気にするケースが多く、男性にとってはトラウマになる方もいます。早漏でお悩みの方は当サイトをみて改善法を見つけましょう。

カプセル

早漏の治療薬の種類と安全性

心配している男性

早漏の治療薬には、2つの種類が存在します。

1つめの種類ですが、それはダポキセチンが配合された一般的なPE治療薬になります。
ダポキセチンはSSRIの治療現場でも使われる安全な有効成分です。
男性機能がコントロールされる印象が強いですが、ダポキセチンが行うのは脳内への働きかけです。
直接、ペニスの感度を落としたり、射精の時間を強制的に引き延ばすといった作用はありません。
一般的なSSRIのお薬同様に脳内の乱れた状態を緩和させる事がダポキセチンの役割です。
一般的なPE治療薬は専門医によって安全性が認められており、副作用のリスクも小さいですのでまずはダポキセチンを使ってみるのが良いでしょう。
病院などでは「プリリジー」という薬剤名で扱われているため、PE治療薬目当てで病院に掛かるなら薬剤名を覚えておくと良いでしょう。
プリリジーの処方量と費用はそのクリニックによって違うため、病院にかかる前にチェックしてください。

2つめの種類として挙げられるのが、ED治療薬とPE治療薬の主成分が同時に配合された製品です。
EDを治すバイアグラの主成分と、SSRI治療で使われる同じくダポキセチンの主成分が、一粒の錠剤に含有されているため、男性機能全体にコンプレックスを抱える人々には大変適しています。
勃起力が短時間が得られ、なおかつダポキセチンによって射精時間が普段の2倍から3倍まで引き上げられますので、セックスの悩みが一挙に解消され、男性的なコンプレックスがたちまち改善されます。
ダポキセチンで早漏を治療することで悩みがすぐに解消されるなら早く使うにこしたことはないと言えます。
こちらも安全性が専門医によって認められており、健康的な男性であれば問題なく始められます。

ただ、ED治療薬とPE治療薬の成分が同時に配合されているため、副作用の方には一定の注意が必要です。
PE治療薬だけなら副作用はほとんど生じないと言われていますが、そこにバイアグラなどの有効成分が入りますと、服用後に頭痛やほてり、視覚の変化、鼻水、倦怠感といった体調不良が現れます。
医薬品自体は安全ですが、副作用はEDを治す有効成分の性質上、高確率で現れますので、混合型のお薬を使う際は、ED治療薬と同じような注意が必要になります。

関連記事