早漏とは、射精時間が極端に短いことを言います。特にパートナーの女性は気にするケースが多く、男性にとってはトラウマになる方もいます。早漏でお悩みの方は当サイトをみて改善法を見つけましょう。

カプセル
  • ホーム
  • パキシルは早漏を改善しフェラでも強くなれる

パキシルは早漏を改善しフェラでも強くなれる

パキシルは抗うつ剤であり、うつ病患者さんに処方される医薬品です。
主に興奮を抑える作用があり、広く使われています。
このパキシルが早漏改善にも効果があります。
早漏改善薬として処方されている医薬品の多くが、抗うつ剤です。
うつ病患者さんが抗うつ剤を服用していると、射精が遅れるようになった報告から、早漏改善薬は開発されました。
ただしパキシルは抗うつ剤ですので、早漏を改善する場合は、正しい医薬品を服用することをおすすめします。

性行為の興奮を抑えることに貢献しますので、もちろんフェラにも強くなります。
好きな女性が自分の男性器を口にしていることに、視覚はもちろん、感度も強いセックスプレーの一種です。
フェラで果ててしまうと、その後のセックスに影響を及ぼすこともあります。
特にその最中に射精をすることで、女性をみじめな気持ちにさせてしまうこともあります。
射精した後処理はもちろん、盛り上がっている最中にそのような行為で幻滅する女性もいます。
早漏改善薬はそれを防ぐ役割を持っています。

早漏を改善する商品として、従来は男性器に塗布したり、吹き付けるタイプの製品がありました。
亀頭の感度を鈍化させる成分が配合されていることで、射精を遅らせる製品です。
男性のペニスが鈍化することは、女性にも悪影響を与えることになります。
もちろんフェラをすると、女性の口腔が痺れるような違和感を感じることになるでしょう。
よって感度を鈍らせる製品を使う場合は、女性に触れさせないようにしないといけません。
コンドームの着用が義務付けられます。
フェラをするときに、コンドームを付ける人は少ないはずですので、そのようなセックスに違和感を感じる人も居るでしょう。
そのような問題点も、早漏改善薬は解決します。

関連記事